2013年10月31日

みのさんオープンの全貌(最終回) 決勝〜清く,正しく,美しく〜

この企画説明も今回が最終回です.今日はいよいよ決勝の説明です.

決勝: 今生の別れ(芸術点クイズ)(4 → winner)

  1. 50問限定の早押しクイズです.

    1. カルトQ方式は採用しません
  2. 問題にはすべて難易度に応じて「難度」がついています

    1. 難度は1が易しく,2が中程度,3が難しいとなっています.
  3. 問題に正解したら,準決勝敗退の4名+みのさんの5名を審査員として,その正解ぶりについて「芸術点」を評価して頂きます

    1. 芸術点の基準は,

      • ボタンの押し方

      • 無理のない範囲での押したポイントの早さ

      • 答え方

      • 正解したあとのリアクション

      などです.

    2. 芸術点は,各審査員1〜5の間でつけることができます.

    3. 5名の採点のうち,最高点と最低点を外した3名の平均値(小数第2位切り捨て)を最終的な「芸術点」とします
      (例) 5名の評点が2,3,3,4,5の場合,2と5を無視した3,3,4の平均をとって3.3点を芸術点とします.

  4. 難度と芸術点の合計をその問題での正解時のptとします

  5. 誤答は難度の2倍のポイントだけマイナスとなります

  6. 50pts以上に到達すれば優勝です.


いよいよ決勝.ここまで来ると,いずれ劣らぬクイズ界最高のプレーヤー4人がファイナリストとして出揃うことになるかと思います.そんなファイナリストの皆さんには,クイズに正解するばかりでなく,その解答の美しさも争っていただきたいと思います.是非,審査員にアピールしてください.

以上が全企画内容です.ここまでの企画をまとめた企画書をPDFの形で公開いたします.

posted by みのチルドレン東大支部 at 00:00| Comment(0) | 企画 | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

みのさんオープンの全貌(7) 準決勝〜ザ・対決〜

今回は準決勝の内容です.

準決勝: じゃあの。(真・対決通過クイズ)(8→4)

  1. 50問限定の早押しクイズです.

    1. カルトQ方式を採用します.
  2. 1問正解で+1pt,4ptsで対決ブースに移動してもらいます

    1. ブースにいる間は解答権がありません.
  3. 誤答は-1ptです.

  4. 対決ブースが2名で埋まったら,その2名で対決をして頂きます

    1. 対決内容は,先にブースに入った方にくじで選んで頂きます.

    2. 対決内容はクイズ以外のことです

    3. 対決に勝った方が勝ち抜けとなり,負けた方は,2pt持った状態で早押しに復帰します

  5. 全問題終了時の判定基準: 対決回数→総正解数→誤答数→1◯1×のサドンデス


さて,準決勝は対決型の通過クイズですが,対決内容はクイズ以外のことです.この対決内容については,当日のお楽しみということで.

posted by みのチルドレン東大支部 at 20:00| Comment(0) | 企画 | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

みのさんオープンの全貌(6) 準々決勝〜ニュージーランドのクマさん〜

まず,重要なことを一つ.1Rの全コースが終了した時点で,敗者復活戦を行います.敗者復活戦は,1Rを抜けることができなかった参加者全員から,最大2名が勝ち抜けとなります.この内容については当日のお楽しみです.

準々決勝: 今日の日はさようなら ([最大13 → 4]×2)

準々決勝は2つのコースQF1とQF2からなります.コース選択は,1Rの各コースの1抜け→2抜け→…→4抜けの順に行って頂きます.同じ抜け順位の中ではくじ引きで順番を決定します.

QF1: イヨマンテクイズ

  1. 50問限定の早押しクイズです.

    1. カルトQ方式を採用します.
  2. 2段階に分かれており,参加者は第1段階からスタートします

  3. 第1段階:「熊狩り」では,1○以上の状態で正解すると「熊チャンスカード」を引きます

    1. 当たりが出れば第2段階:「小熊飼育」へ進めます

    2. ハズレの場合はそのまま第1段階で続行となります.

    3. なお,当たりの確率は,最初が50%で,10問経過するごとに60%,70%,80%(31問目以降)と増えていきます.この確率は問題数にしか依存しません.誰が何回引いたかなどにはよらず,常にこの確率です.

    4. 第1段階での誤答は3問休みです

  4. 第2段階:「小熊飼育」で3問正解すると勝ち抜け(イヨマンテ)となります.

    1. ただし,第2段階の誤答は(小熊が死んだということで)第1段階の0◯状態からやり直しです
  5. 全問題終了時の判定基準: 総正解数→総誤答数→1◯1×のサドンデス


QF1は,アイヌの熊送りの儀式イヨマンテに準えたルールとなっております.当たりカードを引く運と,第2段階で誤答せずに慎重に正解を積み重ねる力が求められるクイズです.(至って真面目)

QF2: ニュージーランドの沖合ッシュ10

  1. 50問の早押しクイズを出題します

    1. カルトQ方式を採用します.
  2. 4問誤答で失格です

  3. 正解時に入るポイントは,n×の状態のときn+1ptsです.10pts以上で勝抜けです.

  4. 3×以下の状態で正解した直後に限り,自ら申請して1×を増やすことができます.

  5. 全問題終了時の判定基準: ポイント→誤答数(申請した×は含まない)→1◯1×のサドンデス


なんでこんな変なタイトルかということですが,スウェーデンの対蹠点がニュージーランドの沖合なんですね.読んだ方は「どうせ最初はああなるよなあ」と思う人がいるかもしれませんね.そんなことはこっちも折り込み済みです.
posted by みのチルドレン東大支部 at 20:00| Comment(2) | 企画 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。